一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おもいで


昨年、母が死んだ後、妹がすぐに母の遺品を整理した。

何でも死んだ人の物をいつまでも置いておくのは良くない、とか言ってた。(苦笑)

母のタンスの中に整理して残されていた私たち子どもからの手紙の束。

その中でそれぞれ一つだけを残して、妹が全部焼いてしまうと言っていった。

姉さんにはコレを残したから・・・と言って手渡してくれたのが、2002年9月22日付けで私が母に出した手紙だった。

今なら、手紙はPCで書いて印刷して投函するから、こちらが送った内容もファイルとして保存して読み返せるが、当時はまだ手書きだったから、いったい私は母にどんなことを書いて送ったのだろうと思いながら、読み始めた。

2002年9月8日に義母を看送った後、母に投函した手紙だった。
f0096508_1224160.jpg
朝夕から、少しずつ過ごしやすくなってきました。
夏の暑さを耐え忍んだ者が大きな喜びで迎えるこれからの季節・・・実りの秋、食欲の秋、芸術の秋・・・生きていることの幸せを心から感じる季節が始まりますね。
義妹から借りたお義母さんの若い頃の写真を「おもいで」にまとめて、写真立てに入れて、義妹にあげました。私もお義母さんの「おもいで」として一枚手元に持っています。
晩年は自己中心的なお義母さんでしたが、私に対しては一度も声を荒げることはなく、私には本当に優しいお義母さんでした。
お義母さんとお義父さんの若い頃、お義母さんの少女時代の写真です。
私が結婚を通してお世話になった方々の写真を、お母さんにも一枚、と思い、同封しました。
秋の夜長に・・・。




この手紙を残して、私に手渡してくれた妹に感謝。

ありがとう。

母と義母のいい思い出になります。
[PR]
by dande550213 | 2015-06-25 12:15 | 雑感 | Comments(0)