一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

御言葉の学びがシンドイ・・・


根幹が揺らぎ始めて、今、御言葉の学びが少しシンドイ。

亡きH兄に天国から笑われそうだ。

今週の日曜日から、神奈川に住む妹が大阪でテニス大会に出場するために
わが家に泊まり込んでいる。
今年は雨で順延が多くて、今日ようやくベスト4が決まる。
彼女は今年はもう早々と全日本の出場が決まっているので、関西の大会は悠々の出場だ。

この妹は、やはり姉妹だけあって、私が誰よりも心置きなく話せる相手だ。

生物学や民俗学にも憧憬が深く、ユダヤ人に興味をもっていろいろ調べている。
久しぶりに彼女と存分に話をした。

彼女は、行動生物学でいう「生き物は遺伝子の乗り物(ヴィークル)」だと感じている。
もちろんのこと、進化論も信じている。
でも、神の存在も信じているのだ。
そして、地球上の争いの根源には宗教があると感じている。
今の地球は争いや環境破壊など、おぞましいようなことが一杯だが、
結果として、地球はある意志の下に動いていると感じている。
神による「破壊と再生」の意志が働いていると感じているのだ。

彼女と話していて、私の混迷の手がかりが少し見えてきたような気がする。

神と宗教を、私は混同しているような気がするのだ。

地球上には、4大宗教といわれるキリスト教・イスラム教・仏教・ヒンズー教など、様々な宗教がある。
牧師先生に、洗礼を受ける前に「どの宗教が本物か?」と質問したことがあったが、その時、キリスト教は厳密には宗教ではないと言われたような記憶がある。「~教」に拘られるのだと思う。

しかし、私は洗礼を受けて10年になるが、キリスト教もやはり宗教だと感じている。

竹内久美子氏は『そんなバカな!』の中で、
「血縁を越えたリーダーとして、遺伝子が神をつくった」と述べておられるが、
利己的遺伝子が作り出す神は、宗教に発展すると思う。
その方が生き残りに有利だからだ。

しかし、遺伝子(人間)が作り出した神ではなく、
まるで遺伝子のように人間の中に組み込まれている「神意識」もあるのではないかと思うのだ。

妹はそれを神と認識しているようだ。

それは「教え」や「契約」ではなくて、ただ絶対的な力を持って在る見えない意識のような存在。
そして、妹は何の疑いもなく、霊魂を信じていて、私のように死んだら無になるのではないかというような恐れは全く持っていないのだ。
[PR]
by dande550213 | 2006-05-20 14:50 | 雑感 | Comments(0)