一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

日本ユニセフで、クリスマスプレゼントを


日本ユニセフのウェブサイトで、初孫のクリスマスプレゼントを注文し、15日に息子の家に持っていった。

「ぬいぐるみ/アクティビティ・ベアー」と「ミニ・サッカーボール/絆」と「ユニセフ貯金箱」 
f0096508_11183751.jpgf0096508_11185150.jpg











「ぬいぐるみ/アクティビティ・ベアー」は、ボタン、ジッパー・ジャケット、マジックテープ・ポケット、靴ひもやバックルを使って、着脱することで、遊びながら毎日の習慣を覚えられるユニークで可愛いベアー。1歳から。

「ユニセフ貯金箱」は、コロンとしたフォルムが愛らしさ満点のブタの貯金箱。2つのコイン投入口があり、中も2つに仕切られています。1つは自分用に、もう1つはユニセフ募金用に。

そして、「ミニ・サッカーボール/絆」は、W杯サッカーと本ちゃんミランの応援用に!

息子夫婦や孫娘に、世界中の恵まれない子どもたちを忘れないでほしい、という願いを込めて、プレゼントしたつもり。


日本ユニセフのマンスリー・サポート・プログラムに参加して、来年で20年を迎える。
10年目の2004年10月には、記念の盾(紙製)が送られてきた。
f0096508_11365381.jpg

f0096508_11384941.jpg


1994年、私はようやく病の床から立ち上がることができた。そして、自分の夢のために少しずつ働き始めることができるようになった。その時、自分も恵まれない子どもたちの役に立つことができたら・・・と思って、日本ユニセフのマンスリー・サポート・プログラムに参加した。以来、神様は1ヵ月も欠けることなく、私に収入を与え続け、マンスリー・サポート・プログラムを支え続けてくださっている。
[PR]
by dande550213 | 2013-12-17 11:52 | 雑感 | Comments(0)