一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

姪っ子のライフセーバー資格講習会


今春から滋賀県の大学に通っている姪っ子が、和歌山県の片男波で催される一泊2日が2回の「ライフセーバー資格講習会」に参加するから、5/31と6/7の二晩、泊めて欲しいと連絡してきた。
f0096508_2123331.jpg
※画像は武蔵丘短期大学のHP「ライフセービング部 活動中」からお借りしました。

前日部活を終えてから下宿を出発したら、和歌山へ行き着くまでに終電になってしまう。翌朝下宿を出発では8時半集合に間に合わない、ということで、前日の24時過ぎに柏原駅に到着してうちに泊まり、翌朝7時前に柏原駅を出発して片男波に向かって行った。今はもう講習会が終わって、下宿に帰り着いた頃だろう。


彼女はほんの子どもの頃に2回ほどうちに遊びに来たことがあったが、お受験で難関私立中学に入学してからは、盆も正月も勉強ばかりさせられて、田舎に遊びに来ることもなくなった。だから、彼女とは昨年末に父の葬儀で会ったのが本当に久しぶりだった。あの時は彼女は浪人の受験生でピリピリしていたし、こちらも慌ただしくてほとんど話ができなかった。

今春、彼女がまた受験に失敗して、心ならずも志望校ではない大学に進学したと聞いて心を痛めていたが、親元を離れての下宿生活と聞いて、これでようやく親の監視下から自由になれると、ホッとしたものだった。


改札口に吸い込まれてくる乗客の中から彼女を見つけようと必死に目を凝らしていた時、なぜか今までのイメージで今時のギャル姿の彼女を想像していたが、現れた彼女は寝袋抱えた化粧気なしの体育会系のような姿だったので、一瞬別人かと思ってしまった。

深夜に来て早朝出発で、ゆっくり彼女と話すことはできなかったが、弟が「あいつ(娘)はまるで男だ」と言っていた意味がなんとなくわかってきた。

きっとこの娘は、私や私の娘と同じタイプの女に違いない、と嬉しくなった。
[PR]
by dande550213 | 2013-06-02 18:24 | 雑感 | Comments(0)