一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

相続のため、証券会社に口座開設


「証券会社に口座開設」と言っても、アベノミックスの危うい相場上昇に一緒に浮かれるためではない。父の遺産の株を相続するために、否応なしに「証券会社に口座開設」しなければならなくなったのだ。

もちろん、株を売却してお金に変えて相続する手もあったが、今や配当もない電力株(^-^;)で、今売れば、父が購入した金額を下回ることは確実なので、せめて父が購入した金額に上がるまで塩漬けして持ち続けるのが一番賢明な相続方法だと思う。

本当にそんな時が来るのかわからないが、こういう相続が一番困る。いつなんどき紙切れになりはしないかと、心が落ち着かなくなるからだ。


今から11年前に義父が亡くなった時、義母は夫だけでなく、感謝なことに嫁である私にも少し遺産を分けてくれた。

私はそれで、投資信託をしてみた。夫はそれで、株の購入をした。

結果、夫はいくつか買った株のうち、JAL株が紙切れになってしまい、さらに「公務員は株の売買禁止」という通達が出て、しかたがないから、以後、塩漬け状態で放置しているとのこと。

私は2つのネット銀行で小口の投資信託を購入して、未だ持ち続けている。購入した時点の基準価を大きく下回ってしまったので、売るに売れない事態になったからだ。かろうじて毎月の分配金は振り込まれているが、その金額も減る一方。何とか元本を割り込まない時点まで持ち続ける以外に、損を切り抜ける方法はないように思われる。それがいつになるのか、そんな時が確実にくるのか、それはわからないが・・・。


投資信託を買ったころは、お金の亡者になって、ヘソクリを増やすことに夢中になっていた時期だった。ヘソクリの一部で、ドルとユーロの為替売買もしてみた。少しずつ儲けて、そこで欲を出し、もう止めときゃ良いのにまだ上がるかも・・と思って買った時のドルとユーロの為替レートが、1ドル=114円と1ユーロ=153円。その後、一気に円高になり、外貨預金の利子も下がり、これも元本を割らない時点まで回復するのを待ち続ける以外に損をしない方法はないように思われる。


結局、身を持ってわかったことはこういう世界は「リスクを背負わなければ儲からないもの」「ハイリスク・ハイリターン」で、そのためには値動きを見張るために始終PCにへばりついていなければならないということ。そのPCに張り付いている時間と労働もコストに入れるならば、微々たる小口商いでは、実質はたいして儲かりはしない。それどころか、素人には、一歩間違えば虎の子のヘソクリを失う羽目にもなる怖い世界だと思った。

良い勉強をしたと思い、以後は質素倹約に励み、地道に働いてコツコツお金を貯める生活に戻った。


はからずも、昨日は父の株相続で初めて証券会社へ足を踏み入れたが、担当員の言うことを聞いていると、やっぱり危うい世界だと思った。落ち着いたら、設定を変更して、担当員との接触をシャットアウトしたいと思っているが、そうさせてくれるか、どうか。今朝、昨日口座を開設したばかり証券会社から、早速速達で何やら案内のパンフレットが配達されてきた。煩わしいことだ。
[PR]
by dande550213 | 2013-05-08 10:08 | 雑感 | Comments(0)