一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

高校ラグビー「御所実業」の№20


第92回全国高校ラグビー大会で、奈良県の御所実業が念願の決勝に進出した。

この御所実業の№20の選手は、我が家の前の家の男の子。4人兄弟の長男。

我が家が今の家に越してきたのは、2003年の年末だった。前の家には子どもがゾロゾロいてびっくりした。2歳ずつ年の違う三男一女の兄弟。一番上の男の子が当時8歳ぐらいで、一番下の男の子が2歳ぐらいだったと思う。

この兄弟、日曜日になると女の子も含めて、みんな家族総出でラグビーの練習に出かけるのだ。お父さんが大学時代ラグビーの選手だったので、兄弟みんなラグビーを習っていた。その時、『夢は、花園に出ること!』と聞いた。

ラグビーが好きなので、「花園に出ること」が何を意味するのかは知っていたから、「花園に出たら、おばちゃんも応援に行くからね!」と言っていた。

毎日曜日、兄弟がみんなユニフォームに着替えて、家族総出で車に乗って練習に出かける。そんな年月が7年近く続いて、昨年一番上のお兄ちゃんが御所実業に入学して、控え選手で花園に出場した。

今年は№20の選手として、何度もグラウンドに立っている。
f0096508_23113668.jpg
         (2013年のユニークなラグビー一家)


お兄ちゃんは見事夢を叶えたが、おばちゃんは約束を果たせないでいる。

寒風吹きすさぶ真冬の花園球場に応援に行くほどの体力はないので、テレビ観戦とお菓子の差し入れで応援している。

1月7日はいよいよ決勝戦だ!ぜひとも優勝してほしい。

がんばれー、御所実業!!
[PR]
by dande550213 | 2013-01-05 22:09 | 雑感 | Comments(0)