一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

天皇陛下の東日本大震災についてのお言葉


仕事から帰宅して、テレビを付けたら、ちょうど、「天皇陛下が東日本大震災について、お言葉を述べられる」時だった。以下、FNNニュースからお言葉を転載させていただく。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
このたびの東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。
地震や津波による死者の数は、日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかもわかりません。
1人でも、多くの人の無事が確認されることを願っています。
また現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により、事態のさらなる悪化が回避されることを切に願っています。
現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が食料、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。
その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。
そして何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。
自衛隊、警察、消防、海上保安庁をはじめとする国や地方自治体の人々、諸外国からの救援のために来日した人々。
国内のさまざまな救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜、救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。
今回、世界各国の元首から、相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが、被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。
これを被災地の人々にお伝えします。
海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。
これからも、皆が相携え、いたわりあって、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。
被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、さまざまな形で、少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。
被災した人々が、決して希望を捨てることなく、体を大切に、あすからの日々を生き抜いてくれるよう。また、国民1人1人が、被災した各地域のうえに、これからも長く心を寄せ、被災者とともに、それぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。  
                                        (03/16 16:51)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

この中で、強く心に残ったのは、「雄々しさ」というお言葉。
そして何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

テレビで被災者のインタビューを聞くたびに、被災者の人々に抱く思いはこの言葉なのだと感じた。

なぜ、この人たちは、想像を絶するようなつらい思いをしながら、明るく気丈にインタビューに答えられるのだろう?私だったら感情をコントロールできなくて泣き喚くだろうに・・・と思いながら、圧倒される思いで聞いていた。

「雄々しさ」・・・まさにそうだと思った。そういう念すら覚える。
被災者の言葉や表情の一つ一つに、私たちは逆に励まされていると感じるのだ。


天皇陛下のお言葉でもう一つ、心に残ったのは「希望」という言葉。
被災した人々が、決して希望を捨てることなく、体を大切に、あすからの日々を生き抜いてくれるよう。また、国民1人1人が、被災した各地域のうえに、これからも長く心を寄せ、被災者とともに、それぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

希望を失わないで生き抜く。
長く被災者と地域の復興の道のりを見守り続ける。



皇室崇拝者ではないが、この天皇陛下は、いつの時も国民とともにあり、国の象徴としての役目を立派に果たしておられる方だと、心から尊敬している。
[PR]
Commented by john-isao at 2011-03-17 08:36 x
天皇陛下のお言葉が被災地の関係者に対してあり、TVで聞いていた私自身に対するお言葉のように感じた、私はやはり日本人だなと思う、
被災地の人々の秩序ただしさ、忍耐強さは世界の人々からも賞讃されている。宗教心を抜きにして日本人の心を一つにして希望を持たすのは陛下のお言葉ではあるまいか?
Commented by dande550213 at 2011-03-17 13:26
宗教心を抜きにして日本人の心を一つにする

それが象徴としての役目なのだと、
昨日、お言葉を聞きながらかんじました。

「言葉が力をもつこと」、そのことを改めて感じさせられました。
by dande550213 | 2011-03-16 18:04 | 雑感 | Comments(2)