一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人生の節目を迎えようとしている


先週土曜日に娘とともに、父の介護の手伝いのために田舎に帰省した。

毎月1回帰省しているが、娘と一緒に帰ったのは初めてだった。

気分転換になるように、ドライブに連れていってあげると予め連絡しておいたら、
舞鶴の五老ヶ岳公園へ行きたいと答えてきた。

昼過ぎに実家のガレージの前に到着したら、もう準備を済ませて、父母がガレージの前に座って待っていた。

手に何やら袋を下げているので、何が入っているのか尋ねると、二人の携帯を解約したいので、その手続きにも連れていって欲しいとのことだった。

父母の携帯はムーバなので、来年3月までしか使用できない。これを機に、携帯を2つとも解約してしまうのは困るから、一つは残して、フォーマに変更することで同意してもらった。

実家から五老ヶ岳公園へは、黒石峠越えルートで出かけた。

五老ヶ岳公園展望タワーから見た舞鶴湾。波が穏やかだ。
f0096508_11192110.jpg

母はここには家族で一度来たことがあるというが、私は全然覚えていなかった。

父は杖と支えがなければ歩けないし、強風が吹けば倒れてしまうぐらいヨロヨロ歩き。
最近は病院でも車椅子だというから、帰るたびごとに足腰が弱っていく。

今回の半日ドライブが、もしかしたら父の最後のお出かけになるかもしれないと思わされるほどの衰え。父母の写真を撮っておきたかったけれど、父を支えていなければならないので、写真どころではない。

父は、この冬を乗り切れるだろか。。。

生きているか、ということではなく、実家で暮らすことができるだろうか、という心配。

母一人の介護では、いずれ実家で暮らすことができなくなるだろう。

その日が刻々と迫ってくるような気がする。

私が週の半分だけでも帰って手伝う、というようにすれば、父が実家で介護を受けながら暮らせる日々が延びるだろう。もう仕事を止めて帰ってやるべきだろうか。。。

来年、父は米寿を迎える。何とか、住み慣れた実家で迎えさせてやりたい。

娘は26歳になり、年内に家を出て、橿原市で念願の自立生活を始める予定。
鎌倉に住んでいる息子は29歳になり、年明け早々、彼女と入籍して、来年秋頃に結婚式を上げる予定。

人生の大きな節目を迎えようとしているのを感じる。
[PR]
Commented by 仲野 碧 at 2010-09-30 09:06 x
又遊びに来させて貰いました。実は私も,大きな節目を迎えようとしています。私は今,兵庫県内の大学院に在学していますが,最近,やりたい事が与えられ,今月②③日の聖会で,今の学校を辞め,新しい道に進む決心が与えられました!!!!如何してもやりたかった事に気付いたのと同時に,今の学校が,段々と嫌気がさす様になりました。
最初は如何しようか迷いましたが,人生の大きな節目だと思い,前に向かう積りです。
Commented by dande550213 at 2010-09-30 15:20
人生の大きな転換期を感じていらっしゃるなら、
どうか祈って祈って、神様に御心をお聞きくださいね。

御心にかなった進路を歩まれますよう、お祈りします。
by dande550213 | 2010-09-28 11:44 | 雑感 | Comments(2)