一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

魏の曹操


巷では"レッドクリフ PartⅡ"が封切られ、大変な人気だ。

私も"PartⅠ"はテレビで観たが、まだ"PartⅡ"は観ていない。

たぶん劇場へは観に行かないだろうと思う。

気に入った作品は細部を何回も繰り返して観たい性質なので、テレビで放映される日をひたすら待つか、DVDを買うかのどちらかになるだろう。

"PartⅠ"と平行して、GYAOで三国演義「三国志」を観ているが、曹操の人物像にすっかり魅了されている。

中国文学は面白くない(と、若い頃は思っていた)ので、三国志演義も読んでいないが、受験勉強の名残だろうか、「蜀の劉備玄徳と諸葛孔明」を判官びいきしていたような気がする。魏の曹操は悪役というイメージがあった。

しかし、三国演義「三国志」を観続けていると、魏の曹操は時代の先を読む力や兵法の上で優れているだけでなく、人間的にも器が大きく、なおかつ文人でもあったようだ。

元々作者の羅貫中が蜀びいきだから、曹操は良くは描かれていないが、虚心坦懐にその人物像を見るならば、史上稀に見る偉大な人物であっただろうと思われる・・・というのが娘のご託宣。(笑)
f0096508_22305952.jpg


彼女は、吉川と北方の三国志を持っているという。水滸伝は北方がお勧めだが、三国志は吉川の方が良いかも知れないと言う。どちらか借りて読んでみようか・・・な。さらに、もう少し待ては、曹操を主人公にした漫画もでるそうな。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-13 22:34 | 雑感 | Comments(0)