一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

ぎょう虫検査の季節


日本語指導員として派遣されている小学校では、今、ぎょう虫検査を行っている。

2日連続で採卵しなければならないので、おおむね、金曜日に検査のセロファンを生徒に配り、「土・日に連続して採卵して、月曜日に学校へ持参する」というのが一般的な検査のパターンのようだ。

小学校では、「ぎょう虫検査のお知らせ」とともに、検査のセロファンを生徒に配布する。

ぎょう虫の卵の採り方は、セロファンの入っている袋の後ろに書いてある。 ↓
f0096508_14224653.jpg


採り方は一度経験すれば難しくはないが、この説明だけでは、日本語が日常語ではない保護者は悲鳴を上げるだろう。

私が受け持っている生徒はどちらも家庭ではスペイン語で、親は日本語をあまり理解できないようだ。

一方、生徒はバイリンガルで、日本語を話すことはかなりできるが、何せ小学生なので、日本人の小学生と同じく、大人の漢字かな混じり文はまだよく読めないし、意味もわからないことが多い。だから、学校から持ち帰ったお知らせ文書の内容を親にスペイン語で説明することもできないことが多い。

日本語指導員として派遣されて一番の仕事は、こういったお知らせ文書の翻訳作業だ。

学校では授業に入り込んで、生徒を手助けしているので、翻訳作業は帰宅後家でして、メール添付ファイルで学校へ送信するということになる。

サービス残業(^-^;)になるかもしれないが、とても良い勉強になっている。

時間割、月の行事予定、家庭訪問のお知らせ、懇談会のお知らせ、連休のお知らせ、運動会のお知らせ、遠足のお知らせ・・・などなど。

常にスペイン語表現と関わり合っている毎日だけど、書き言葉だけネ・・・。(^-^;)
[PR]
by dande550213 | 2009-05-08 14:57 | 雑感 | Comments(0)