一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

でんでん


院外処方箋を出そうと、踏切の向こう側の薬局へ向かった。

踏切には、線路の向かい合わせに、お母さんとお父さんがそれぞれ一人ずつ幼児(男の子)を連れてしゃがんでいた。

男の子の大好き「でんでん」見物だな・・・。(((^^;)

2人はご夫婦かな?と思いながらしばらく見ていたが、違うようだ。
偶然にも、同じ時に自分の子どもに見せるために、踏切近くに子連れで陣取ったお母さんとお父さんだった。

孫の2歳になったばかりのIくんも、「でんでん、でんでん」と電車を見るのが大好きだ。
車も飛行機も、たぶん動く物体は何でも好きなんじゃないかと思うが、一番好きなのは「でんでん」だ。
見えなくても、列車が通る音だけで「でんでん、でんでん」と反応する。

息子も幼い頃「プラレール」を狭い家に敷き詰めて、列車を走らせるのが大好きだったが、どうして男の子はあんなに列車が好きなのだろうか、不思議でたまらない。

男の子は、親がおもちゃに列車を与えるから「でんでん」が好きになるのか、与えなくても好きになるものなのか、誰かが実験で試した結果があるなら知りたいものだ。

幼い女の子に列車等の動くおもちゃを与え続けたら、「でんでん、でんでん」と列車が好きになるのだろうか?
幼い男の子にお人形さんなどのおもちゃを与え続けたら、「でんでん、でんでん」とは言わなくなるのだろうか?

ちなみに4歳の孫娘は、列車が「ごぉー!」と通過する音に怯えて後ずさりし、「怖いから帰ろう」とせがむが・・・。(-_-;)




[PR]
# by dande550213 | 2017-05-24 17:36 | 雑感 | Comments(0)

今日はお姉ちゃんとお揃いのTシャツかな?

お誕生日のプレゼントはミニストライダーだったみたいね。

今まではマンションの8階だったけれど、新居に越してきて、家の前で近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちと一緒に遊べるようになって良かったね。
f0096508_10434935.jpg
9月にはIくんもお兄ちゃんになって、いよいよ戦国時代に突入だね。(^^;)




[PR]
# by dande550213 | 2017-05-23 23:42 | 雑感 | Comments(0)

PCにステレオスピーカー繋いで、今夜はこの曲をかけながら、作業してる。(((^^;)

J.S.バッハ名曲セレクション・J.S.Bach Masterpieces Selection(長時間作業用クラシックBGM・CLASSIC)


演奏時間は3時間近くだから、My CDにはできない。
DLして携帯プレーヤーに入れることもできるが、音楽をイヤフォンやヘッドセットで聴くのは好きではないから。(((^^;)

----------------------------------------------------------------------------
<収録曲:Track List>

無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV.1007 『プレリュード』
Cello Suites No.1 in G major BWV.1007 "Prelude"

管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV.1068 第2楽章 「G線上のアリア」
Orchestral Suites No.3 in D major BWV.1068 2.Air

ゴールドベルク変奏曲 BWV.988 から 2. アリア
Goldberg Variations BWV.988 2. Aria

イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971 第1楽章
Italian Concerto F major BWV.971 1. Allegro

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 BWV.1006 第3楽章 ガヴォット
Partita No.3 for Violin Solo BWV.1006 3.Gavotte

ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV.1052 第1楽章
Piano Concerto No.1 in D minor BWV.1052 1. Allegro

羊は安らかに草を食み 《狩のカンタータ》 BWV.208
Sheep May Safely Graze BWV.208

ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV.1050 第3楽章
Brandenburg Concerto No.5 BWV.1050 3. Allegro

フルートソナタ第2番 変ホ長調 BWV.1031 第2楽章 《シチリアーノ》
Sonata for flute and harpsichord No.2 in E flat major BWV.1031 2. Siciliano

ピアノ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV.1056 第2楽章 《アリオーソ》
Concerto No.5 in F-minor for Harpsichord and Strings BWV.1056 2. Largo
小フーガ ト短調 BWV.578
Fugue in G minor BWV.578

カンタータ第147番 BWV.147より コラール「主よ、人の望みの喜びよ」
Herz und Mund und Tat und Leben BWV.147

メヌエット ト長調 BWV.Anh.114 ト短調 BWV.Anh.115(ギター版)
Menuet in G major BWV.Anh.114 in G minor BWV.Anh.115

カンタータ第140番 4. シオンは物見らが歌うのを聴く BWV.140
Sleepers Wake BWV.140 4. Chorale: Zion hort die Wachter singen (Zion hears the watchmen singing)

《トッカータとフーガ》 ニ短調 BWV.565
Toccata and Fugue in D minor BWV.565

《平均律クラヴィーア曲集》 第1巻 第1曲 プレリュード ハ長調 BWV.846
The Well Tempered Clavier No.1 BWV.846 1. Prelude

ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV.1048 第1楽章
Brandenburg Concerto No.3 in G major BWV.1048 1. Allegro

イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807 第1曲 プレリュード
English Suite No.2 A minor BWV.807 1.Prelude

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章
Concerto for 2Violins BWV.1043 1st movement

ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV.1052 第3楽章
Piano Concerto No.1 in D minor BWV.1052 3. Allegro

管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV.1067 より 第7曲 《バディネリ》
Orchestral Suite No.2 in B minor BWV.1067 7. Badinerie

カンタータ第106番《神の時こそ、いと良き時》BWV.106 1. ソナティーナ
Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit BWV.106 1. Sonatina :Molto adagio

インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV.772
Invention No.1 in C major BWV.772 (Piano)

最愛のイエスよ、我らここに集いて BWV.731
Liebster Jesu, wir sind hier BWV.731

カンタータ第140番 1. 目覚めよと呼ぶ声あり BWV.140
Sleepers Wake BWV.140 1. Chorus: Wachet auf, ruft uns die Stimme (Wake up, the voice calls to us)

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第3楽章
Concerto for 2Violins BWV.1043 3rd movement

カンタータ 第146番 BWV.146 1. シンフォニア
Cantata No.146 Wir mussen durch viel Trubsal BWV.146 1. Sinfonia

平均律クラヴィーア曲集第1巻 第24番 ロ短調 BWV.869
The Well Tempered Clavier No.1 in B minor BWV.869 24. Prelude&Fuga

リュート組曲 第3番 イ短調 BWV.995 第5楽章 ガヴォット
Lute Suite No.3 BWV.995 5.Gavotte

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第2楽章
Concerto for 2Violins BWV.1043 2nd movement

《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ》 第2番 ニ短調 BWV.1004 より “サラバンド”
Partita No.2 in D minor BWV.1004 3. Sarabande

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番ニ短調 BWV.1004 5.シャコンヌ
Partita No. 2 in D minor BWV.1004 5.Chaconne

カンタータ第106番 BWV.106 1. ソナティーナ [ピアノ版]
Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit BWV.106 1. Sonatina :Molto adagio [Piano arr.]

目覚めよと呼ぶ声あり 4. シオンは物見らが歌うのを聴く BWV.645 [ギター版]
Wachet auf! ruft uns die Stimme BWV.645 ('Sleepers Awake')

インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV.772
Invention No.1 in C major BWV.772 (Harpsichord)

メヌエット ト長調 BWV.Anh.114 ト短調 BWV.Anh.115
Menuet in G major BWV.Anh.114 in G minor BWV.Anh.115

最愛のイエスよ、我らここに集いて BWV.731
Liebster Jesu, wir sind hier BWV.731
--------------------------------------------------------------------------

[PR]
# by dande550213 | 2017-05-23 20:33 | 音楽・美術 | Comments(0)

Kstyleに出たニュースによると、日本で行なわれたヒョンビンの最新ファンミーティング「2017 HYUN-BIN Dear My Space ~The Space Japan 10th Anniversary~」が7月に衛星劇場でテレビ初放送されることが決定したそうだ!

大阪に住んでいながら、当日、母の4回忌があって行くことができなかったイベントだ。

■放送情報
「2017 HYUN-BIN Dear My Space ~The Space Japan 10th Anniversary~」
CS衛星劇場にて、7月テレビ初放送
収録日:2017年4月22日(土) グランキューブ大阪 メインホール
■関連サイト
衛星劇場オフィシャルサイト:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1709

日にちはまだ未定だが、娘に録画してくれるように連絡するぞ~♪

[PR]
# by dande550213 | 2017-05-23 19:55 | ヒョンビン | Comments(0)

男性度が高い私 (*_*;


足の指の形が、人差し指が一番長い「ギリシア型」だということは知っていた。
日本人の8割はエジプト型だというから、希なタイプの足なんだな・・・と思っていた。
f0096508_14582589.jpg
*画像はhttp://otakei.otakuma.net/archives/2016052501.htmlからお借りしました。

しかし、手の指に関しては気にも留めていなかったが、何と、人差し指と薬指の長さの比較(ディジット比)によれば、私は女性でありながら男性度の高いタイプだとわかった。

そして、この結果にはやっぱりね・・・・と、妙に納得している。(((^^;)

「人差し指の長さ÷薬指の長さ」のことを「ディジット比」と言い、 胎児のときに母親の胎内で多量の男性ホルモン(テストステロンなど)にさらされると体質や性格が男性的になり、それと同時にディジット比が小さく(人差し指が薬指よりも短く)なるそうだ。
(*最新健康ニュースさんより引用 )

私の左の人差し指は7.4㎝、薬指は8.5㎝
  右の人差し指は7.3㎝、薬指は8.0㎝

ディジット比は男性の平均値(0.95台)よりも低くて、かなり男性度が高いという結果になった。(-_-;)
こじつけ、言い訳ではないが、夫の趣味や好みを何となく女性っぽく感じていたのもこれが一因だったのかな?(((^^;)

性的マイノリティではないが、学生時代から”女性っぽい行動”と言われているものが苦手だった。

今なら”女子力”が理解不能で、価値を見いだせない。(((^^;)

フェロモンたっぷりの色っぽい女性は、まるで別世界の宇宙人のように見える。

何となく窮屈さを感じながら生きてきたが、窮屈の由来がわかって良かった。*\(^o^)/*





[PR]
# by dande550213 | 2017-05-22 15:38 | 雑感 | Comments(0)